人気ブログランキング |

<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

       会津駒ヶ岳の紅葉・実         10/14撮影

f0069696_21531975.jpg 10/14(土)
   会津駒ヶ岳の紅葉は見事だった。
   主に駒の小屋からの下りで撮った。

f0069696_2153403.jpg
f0069696_2158562.jpg
f0069696_21594691.jpg

f0069696_220179.jpg
f0069696_224031.jpg
f0069696_22131820.jpg

f0069696_22192318.jpg
f0069696_22214741.jpg
f0069696_2224258.jpg
f0069696_22254965.jpg
f0069696_2228246.jpg
f0069696_22292382.jpg
f0069696_22311627.jpg
f0069696_22323472.jpg


       この実は
       マイヅルソウの実か?
f0069696_22335941.jpg


下山後は翌日の山の近くの
by nomi333 | 2006-10-29 22:37

会津駒ヶ岳(2132m)          10/13~14撮影

物騒な事件が多い中で、今日は感動した。私は高校生の頃には野球に感心があったが、今は全く無い。 しかし今日は外出より帰り、テレビをつけたら日本ハムが優勝したシーンをやっていた。 ちょうど森本がウィニングボールをキャッチし、新庄に抱きついて行ったシーンだ。 新庄選手はちょっとおっちょこちょいな所もあるが、愛すべきキャラクターだと常々思っていた。 日本シリーズで優勝し、それが引退試合になった素晴らしい運の持ち主だ。 北の大地・北海道に熱いものをもたらした。 私は今年北海道の山ツアーに参加し、殆どが北海道在住の方々と幌尻岳を登り、また十勝岳・旭岳では旭川の方にもお世話になった。 皆北海道の方は暖かく、素晴らしい方々だ。 最近北海道の新米 「きらら」 もやっとこちらのお米屋さんにも回って来たので 食べてみたらとても美味しかった。長々となってしまったが、日本ハムのファンでもないのに何故かとても嬉しく感動し、今日のblogのトップにどうしても書きたくなってしまった。

 さて先日 10/13~16福島県の山に登った。 
 毎年春・秋の連休頃に計画される山行で、最近私もメンバーとしてほぼ定着した。  
 今回は特に私の希望の百名山の一つ  「会津駒ヶ岳」 を入れて貰い他に
 近隣の山を 3箇所 登る事になった。
 
f0069696_0192099.jpg10/13(金)自宅を出 5:47発の電車に乗り、取手でメンバーの車に同乗・合流した。 今回は残念ながらMさんの体調不良で4名で行く事になった。
10/13(金)一日目は湯の花温泉から田代山湿原に向った。 バスが湯の花温泉まで来ているが猿倉登山口までは数十㌔も歩かねばならず、車でなければ不便な所だ。 写真などを見たらとても広大な台地のような湿原で良さそうな所だった。 
今回は宿までの移動時間も考え、翌日の登山の為の足慣らしであり、またの機会にと言う事にし、湿原の手前で戻る事になった。  宿泊は国道に面し「会津駒ヶ岳」登山口前の民宿 「すぎのや」 で、素朴な応対ではあったが、食事は次から次と暖かいものが出て来、美味しかった。f0069696_0283464.jpg

10/14(土) 
4:55 民宿前を出、林道終点 まで車で行き
5:15 いよいよヘッドランプを着け登山開始。

6:04 後を振り返ると 樹林の間から先程出た太陽が見えてきた。
f0069696_0364595.jpg

火打山・妙高山の紅葉も一部綺麗だったが、ここの紅葉はちょうど見頃だ。
(早朝の為
写真では色が良くない。)


         遥か向こうに会津駒ヶ岳・中門岳に通じる尾根が見えてきた。
f0069696_0415270.jpg

f0069696_044976.jpg




クサモミジの中の木道が続き、駒ノ小屋が見えてきた。
                             f0069696_0453919.jpg
f0069696_115128.jpg






池塘の向こうに  燧岳が見えてきた。
f0069696_19461.jpg



  駒ノ小屋



駒ノ小屋前の駒ノ大池の向こうに目指す会津駒ヶ岳がもうすぐそこに。
f0069696_1131494.jpg
f0069696_11822.jpg

 念願の
 百名山の一つ
 会津駒ヶ岳 
 (2132m)
 頂上にて
 
頂上は狭くゆっくりは出来ない。
f0069696_1225187.jpg



クサモミジの草原と木道が続く道を中門岳へ向かう。
f0069696_1233924.jpg





広々して歩きやすく
気持ちが良い。
f0069696_12476.jpg





所々に池塘が。
f0069696_1253212.jpg





広々しており大きな木はない。
f0069696_1264458.jpg





歩きやすい
木道が続く
f0069696_135446.jpg





    中門岳
    に到着
f0069696_1352221.jpg






 中門岳より
 先の
 広い池塘の 
 お池巡り

f0069696_1353984.jpg

by nomi333 | 2006-10-26 23:58

      近所のお祭り                 10/8撮影   

f0069696_22324038.jpg
 10/8 
 祖師谷に用事が
 あり出掛けたら、
 太鼓の音がする。

 足が自然と音の方へ
 向かっていた。

  
f0069696_2251332.jpg  
    芦花公園の
    粕谷八幡神社
    お祭りだった。

   徳富蘆花が来客の帰りを
   見送った 「別れの杉」の
   有る場所に 神社の入り口
   が有る。
   小さな神社だ。
f0069696_22514892.jpg
  可愛らしい お神輿
  子供神輿か?
  もう格納する所だった。


  太鼓は立派だった。
f0069696_2303681.jpg


   最初は人もちらほらだったが
   帰りにまた寄ってみたら
   狭い境内も
   賑やかになっていた。
                                                                                                                                                                                                                   ************************************************

   粕谷八幡神社を後に 祖師谷 に向かっていたらまた太鼓と笛の音が。
   また音に引き寄せられ見に行ってみた。
   初めてここに 神明社 と言う神社が有るとわかった。
   粕谷八幡神社よりずっと広く大きい。

f0069696_23365448.jpgf0069696_2319447.jpg
                              
                                      お神輿も立派。

f0069696_2322467.jpg
    
    立派な舞台の
    上では
    お神楽
f0069696_2348268.jpg
f0069696_23493448.jpg
by nomi333 | 2006-10-22 23:39

     富士山の初冠雪             10/9撮影

       富士山の 初冠雪 のニュースを聞き、
       しかもI さんがすぐに初冠雪をblogで採り上げていらっしゃった。
       10/9(月) 台風一過の連休が素晴らしい快晴で、
       いてもたってもいられず、 高尾山(599m) に登って来た。
f0069696_15245187.jpg

           気温が上がったせいか、雪は殆ど溶けていた。 
            (点のように少し白いものが見えますか?)
          富士山だけでなく、丹沢の山々の姿もくっきりと良く見えた。
           (手前左の高い山は 蛭ヶ岳 その後は 桧洞丸) 

f0069696_15263396.jpg







城山 経由
相模湖方面へ下ったが、
雨が続いたせいか水量は多く、
大きな蜘蛛がせっせと
網を張っていた。
by nomi333 | 2006-10-12 15:44

     雲 ・ 花 ・ 実                9/30撮影

     9/30(土) 朝 高谷池ヒュッテの外に出て見ると 
            都会では味わえない、   が出ていた。 
               そして妙高山への登山道と燕温泉に下山するまでに出会った 
                     花 ・ 実  もご覧下さい  ♪ ♪


f0069696_1531850.jpg
f0069696_1534650.jpg
f0069696_15345299.jpg



この画像は クリックして頂いた方が
もっと良くご覧になれます。
 ↓
f0069696_15351260.jpg


f0069696_15363898.jpg
f0069696_15374963.jpg

f0069696_15394373.jpg

 
  トリカブト ・ ゴゼンタチバナの実 ・ ウメバチソウ ・
            シラタマノキの実 ・ シロバナホタツブクロ 
など
f0069696_15401042.jpg

by nomi333 | 2006-10-11 16:36

    妙高山(2446m)       9/30撮影

現在は10月の第二月曜日だが、 当初は10/10が体育の日だった。 
「過去7年間 10/10が毎年晴れだった特異日と言うことから体育の日に決まった。」と 今日ラジオで言っていた。    やはり今日も快晴だ。   
以前から 大体10/10前後は晴れ、穏やかな日が続くと言う印象が強かった。
しかし最近は過去の気象が参考にならないとつくずく感じる。  
海でも山でも遭難のニュースで一杯。 
明日は我が身と深く胸に刻み、尚一層の慎重な判断で行動せねばと思った。 


さて9/30(土) 朝から快晴。 
高谷池ヒュッテを出て茶臼山経由黒沢池ヒュッテそして目指す妙高山へ向かった。

       ヒュッテを出て間もなく振り返ると  鹿嶋槍・白馬方面か?
       (ヒュッテにあった写真を良く見ておけばよかった。) 
f0069696_15132913.jpg

f0069696_15244730.jpg

  雨飾山
  間近に





しばらく行くと
槍ヶ岳方面

f0069696_15261458.jpg
f0069696_1529489.jpg



いつの間にか茶臼山を通り過ぎており
右手下方に黒沢池が。
f0069696_15323268.jpg

                 そして八角形のドーム型の
                 黒沢池ヒュッテ


f0069696_15363533.jpg 

休んでいると陽が当たって紅葉が一層綺麗だ。







ズームで
撮ってみた。
f0069696_15403344.jpg

黒沢池ヒュッテからは樹林帯の
大倉乗越への急登だ。
                             時々休み後を振り返ると
f0069696_15432079.jpg      青い空に見事な紅葉
f0069696_15434622.jpg

f0069696_1601465.jpg



またしばらくし
後を振り返ると
火打山
  f0069696_1604723.jpg




    いよいよ前方に
    妙高山
    こんな姿だったのだ。
f0069696_1621481.jpg



長助池分岐そば 
まで来た。

あともう少し。

だがこの後も
きつい登りが続く。


f0069696_16231335.jpg

     妙高山山頂




  以前に登った時の記憶は
  ただ 
  とても紅葉の綺麗な山
  だった。 
  山頂の記憶は 全く残っていない。 山頂はこんなにゴツゴツした だったのだ。 
f0069696_16233315.jpg

       下山は南峰を通り光善寺池天狗平から燕温泉

f0069696_16235357.jpg天狗平を過ぎてから何度も硫黄臭が。

   称名滝・光明滝か?   
  やがて2段の滝が見えてきた。
  温泉が滝となっているそうだ。


       そして 源湯
       もう燕温泉は
       あと少しだ。
f0069696_1624710.jpg
by nomi333 | 2006-10-10 16:57

    火打山(2462m)             9/29~30撮影

 山の具体的な計画を立てずにグズグズしていたら、友人より電話が架って来た。  
 約束していた山を来年にするのも残念だし、お互いの都合や天候を考えると週末は
 なんとか良さそうだった。 急遽バタバタと計画を練り、10月の予定を 前倒 し し、
 行くのを決めたのは 前々日 だった。

9/29(金) 始発駅上野から乗って来た友人と大宮( 6:50発あさま501号 )で合流、長野で 妙高1号 に乗り換え 妙高高原駅 8:53着
                                                      f0069696_21453314.jpg
登山口 笹ヶ峰までのバスは 9:20発で 約30分も待たなければと思っていた所、タクシーに乗るご夫婦連れが 笹ヶ峰なら一緒に行きませんか? 」 と言って下さり、こちらも相乗りの方が良かったので 喜んで すぐ同乗した。 笹ヶ峰登山口に10:10着予定だったのが、  45分も 早く 9:25到着

黒沢出合いで やっときれいな紅葉が 少し見えた。

f0069696_22332083.jpg

f0069696_2235029.jpg
  ↑火打山と高谷池ヒュッテがだんだん近くに ←  ↓

f0069696_22355684.jpg
     高谷池ヒュッテに到着し 宿泊手続きを済ませ、荷物を軽くして火打山へ
     出発したのは もう午後2時少し前に なっていた。    
             火打山への木道で 振り返ると 高谷池の池塘群と 
             三角屋根高谷池ヒュッテ(標高2,100m)。
f0069696_22565933.jpg

f0069696_2311499.jpg








 イワイチョウの
   黄葉 
f0069696_2313658.jpg

 火打山の山頂までは 荷も軽いのにとても長く感じられた。
 頂上に着いたのは3時半になっており、すっかりガスが出て視界は悪く印象は悪い。                
                火打山より高谷池ヒュッテまでの戻り道の紅葉  
                (夕方4時半頃の為色が良くない
f0069696_23274344.jpg
 

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   * 


f0069696_23281347.jpg9/30(土)
朝 5:45


高谷池ヒュッテ
2階のテラスから
高谷池の湿原と
火打山


f0069696_23283082.jpg高谷池ヒュッテ
の 朝 5:50

高谷池ヒュッテ: 町営(妙高高原町)の山小屋。完全予約制。
1階の自炊室には数台のプロパンガス台・自炊道具・食器などが用意されており、いつでも誰でも使うことができる。
by nomi333 | 2006-10-06 23:47

   木曽の御嶽山(3067m)    9/23撮影

  台風14号で ぐずついた天気も 八丈島から勢力も弱まり 北東へ抜けると言うし、体調もまず快復したので
   急遽ツアー会社に電話。 今晩出発の空きが有ると言うので、出掛ける事にした。

9/22(金)22時新宿発。 千葉・横浜発を合わせても20名位でバス一台だった。
9/23(土)4:30田の原天然公園着。仮眠を取り、5:00起床 5:30いよいよ出発

f0069696_15571843.jpg御嶽山も登山口はいろいろ有るが、夜行日帰りの場合王滝口の起点
田の原
(標高2180m)・
御嶽山の七合目
から登るのが
一般的だ。

f0069696_15573969.jpg田の原天然公園をの遊歩道を進むとまだ薄暗いが 正面に頂上が見えている。

御嶽山田之原大黒天
いまなお白装束の信者が絶えない霊峰である。

後を振り返ると 日の出
f0069696_168665.jpg
       また少し登ると   中央アルプス  方面がはっきりと
f0069696_168255.jpg

f0069696_1614295.jpg
大江権現   
中部森林管理局・木曽森林管理署と言う立て札があったが、今日の現地ガイドはそこをリタイアされた方で、御嶽山の森林・草花に非常に感心が深く、良く勉強されており、説明もとても
詳しい
          一息つき また後の  中央アルプス方面  を
f0069696_16185016.jpg


f0069696_16195721.jpg 樹林帯を抜けると
 眺望が広がり 
王滝頂上山荘が見えてくる。

ここに小さく見えるのは
八合目の金剛童子  アップ↓
f0069696_16394911.jpg

f0069696_174981.jpg





王滝頂上山荘


f0069696_16544952.jpg

剣が峰山頂 真下には

コバルトブルーのきれいな 
二の池 が
はっきりと
見える。


 頂上からの
 眺望


f0069696_16551925.jpg

ガイドが7月から14回登っているが、北アルプス方面が見えるのは4回目だとの事。
f0069696_16554544.jpg

       反対側 頂上からの 中央アルプス方面
f0069696_1656947.jpg

f0069696_16563642.jpg御嶽神社奥社白装束の信者
山頂は 御嶽教 の総本山。
登ってくる間に 社や像 霊神碑などが 目に付いた。 3000mの高峰でありながら、霊山である事を実感。
昔は女人禁制であり、解禁されてからも ある場所で全ての信者は履物を履き替えたと言う。
今や 私のような無信心な者でも 登るようになった。
 f0069696_1728180.jpg

    
  





  下山開始
f0069696_17312399.jpg





田の原の
駐車場が
近ずく。
f0069696_17325696.jpg






田の原天然公園から振り返ると山頂付近にはもう雲がかかり始めた。
f0069696_17344974.jpg




駐車場から 入り口の鳥居を。
お疲れさま!!
御嶽教の神様 無事下山しました。
ありがとうございました!!


  * ~ * ~ * ~    出合った 花 ・ 木 ・ 実    ~ * ~ * ~ *  

f0069696_18375620.jpg
          ゴゼンタチバナの実              イワギキョウ

f0069696_18391361.jpg


ナナカマド




紅葉と実  ↓ 名 ?
f0069696_18405027.jpg

by nomi333 | 2006-10-03 17:38

     幌尻岳・十勝岳・旭岳の花々       9/5~9撮影

        ブログに載せるののがいつも遅くなり、季節はずれとなってしまったが---。
     もう9月でしたので、北海道特有の高山植物は咲いていませんでしたが、
     幌尻岳・十勝岳・旭岳で出合った花々などをご覧下さい。

~*~*~*~*~*~*~*~   幌尻岳   ~*~*~*~*~*~*~*~*~         

渡渉前の単調な林道にも花が所々咲いており、珍しく      
トリカブトに花だけでなく黄色い実が付いていた。            
                            山頂付近のイワギキョウ ↓
               f0069696_16185899.jpg    
f0069696_16192144.jpg
     山頂付近の  ウラシマツツジ
f0069696_1762529.jpg
   山頂から幌尻山荘への下る道に
     ヒョウタンボクの実                 ツバメオモトの実
    (可愛い実だが 毒 がある
f0069696_17122444.jpg
渡渉中に
  ダイモンジソウ  (ユキノシタ科ユキノシタ属

f0069696_17125361.jpg    渡渉が終わり 林道で
f0069696_17131411.jpg


~*~*~*~*~*~*~*~   十勝岳   ~*~*~*~*~*~*~*~*~ 

                   シラタマノキ の実              
                  山の実では珍しい 白い実 で実をつぶすと
                スー っとサロメチールの匂いがする。
f0069696_17375359.jpg

~*~*~*~*~*~*~*~    旭岳    ~*~*~*~*~*~*~*~*~ 

ロープウェイを降り少し歩くと高山植物のお花畑が広がるのだが 花や実は ちらほら。

       チングルマ ・ リンドウ  ・  エゾツガザクラ ・ 赤い実
f0069696_18201779.jpg
旭岳周辺は日本一早く紅葉が見れる場所としても知られてい、早ければ9月の上旬から見ることができるとあるが、今年はこの ナナカマド のみでまだこの程度だった。f0069696_1824592.jpg
f0069696_18251323.jpg

ナナカマドの
紅葉と実
by nomi333 | 2006-10-01 17:53