人気ブログランキング |

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

由布岳 (1583.3m)                 6/1 撮影

   058.gif  暑中お見舞い申し上げます!!   058.gif


     連日の猛暑を皆様はどのようにお過ごしでしょうか?     
     九州の山 最終第4回目もすっかり遅くなり失礼しました。         040.gif


     6 / 1 (日) 由布岳(1583.3m) 

  画像 16 を  こちら からご覧ください。


     由布岳は  前回にもお話しましたが、 
    NHK 朝ドラ「風のハルカ」 の タイトルバックにもなり、 
    百名山 阿蘇・祖母・九重を登る時に移動中の
    バスから見た時にも とても姿の良い山なのでぜひ登りたいと
    山仲間に会うたびに何時か行きたいと言っていたのが
    やっと今回実現したのだ。


  6 / 1 (日) 
   宿から由布岳正面登山口に5:40に着き 明るい緑に覆われた山を
   目前にした時は やっと実現すると胸が躍った。

   登り始め 合野越を過ぎ 眼下に広がる由布院の町も小さく眺めが良い。
   前日登った九重連山平治岳(ヒイジダケ)方向も微かに見えた。 
   ミヤマキリシマ も平治岳ほどではないが 咲いていた。
 
   マタエ に到着後は左へ。 先に厳しい西峰を上る事にしたのだが 
   すぐに鎖場が有り急登となり なんとビックリ 短いが脚の置き場に困る
   トラバースも有り ヒヤヒヤものだった。
   「カニの横ばい」 九州の 「 剣岳 」 だと思った。

   西峰山頂からもやはり九重連山・平治岳(ヒイジダケ) が遠くに見えた。
   西峰からの下りはもと来た道を。 
   鎖場はやはり慎重に下り、マタエで小休止しすぐに東峰へ。
   東峰はなんなく山頂に到着。 西峰の急登を眺める。

   無事下山した後はまた三々五々帰宅。
   私は 福岡空港の飛行機の時間まで余裕があったので
   湯布院の混雑した町をレンタサイクルでさっと通り抜け
   近くの 「金鱗湖」 でしばらく休む事にした。     


 061.gif
  スライドショーの表示タイムは
  下部の マイナス(-)をクリックして頂くと一秒まで短縮出来、
  ゆっくりご覧になる時はプラス(+)をクリックして頂くようになります。
  また 画像を停止する場合は下部 ←△→ の△印をクリックすると
  一時停止します。

by nomi333 | 2008-07-26 11:51

九州の山 大船山・平治岳              5/31撮影

       九州の山 第3回目大変遅くなり失礼しました。       040.gif
5/31(土)
   タイセンザン         キタタイセンザン        ヒイジダケ
   大船山(1786.2m)~北大船山(1706m)~平治岳(1642.8m)。
   を登って来ました。

  画像 15 を  こちら からご覧ください。

       5/29(木)一人で泊った時はがらがらだったが 
        5/30(金)友人達と合流した夜は布団は隙間無くびっしりと敷き詰められ、
        夕食・翌日朝食ともに何回かに分けての食事となった程の満室だった。
        6/1(日)が山開きの為のようだ。


 5/31(土)
     法華院温泉山荘 を朝5時半に出発し 
     大船山北大船山平治岳 を登り
     下山後は法華院温泉山荘 に一部預けた荷物を取ってから
     再び雨ヶ池越経由 長者原 へ。
     バスで豊後中村駅へ戻り 湯布院の宿に着いたのは
     午後6時になっていた。 

  
    念願のミヤマキリシマは 今年は例年に比べ咲くのが遅く、
     しかも虫の大量発生がやられているとの事だった。
     言われていたように大船山では少なく、平治岳は見事に咲き誇っていて
     とても素晴らしかった。




 061.gif
  スライドショーの表示タイムは
  下部の マイナス(-)をクリックして頂くと一秒まで短縮出来、
  ゆっくりご覧になる時はプラス(+)をクリックして頂くようになります。
  また 画像を停止する場合は下部 ←△→ の△印をクリックすると
  一時停止します。

by nomi333 | 2008-07-16 15:13

九州の山 三股山 (1745m)           5/30撮影  

5/30(金)         ミマタヤマ  
       九州の山  三股山(1745m) 

  画像 9 を  こちら からご覧ください。

   豊後中村駅集合の友人達はスガモリ越経由法華院温泉山荘到着後
  大船山(タイセンザン)へ登ると言う事になっていた。
  法華院温泉山荘到着予定の13時頃までの時間を私は歩行約5時間
  「三股山」へ登る事にした。

  スガモリ越登山口からは石や火山岩がごろごろの道だが、
  雨ヶ池越登山口からだとヨウラクツツジ・ツクシシャクナゲなど
  お花が一杯だと言うので雨ヶ池越登山口から登ろうと決めた。

  前日長者原から来る時に雨ヶ池越登山口を探したが解らなかったので
  迷いやすい西峰の件と併せて前日到着時に山荘の主人に確認しておいた。

  歩行約5時間ならば 朝7時に出れば 12時には戻れるが、
  午後から天気がくずれそうだったので1 時間早く6 時出発にした。 
  これでも山にしては遅い出発だ。

  山荘の主人に良く聞いておいたお陰で雨ヶ池越登山口をやっと見つける事が
  出来た。 長者原から来た時には探しながら歩いたのに登山口の標識には
  全く気付かなかった。  この少し下を通ったのか? 

  登山口からすぐにイワカガミ・ミヤマキリシマなどが咲き、
  お花一杯
にもかかわらず、スガモリ越登山口と比べ、
  雨ヶ池越登山口からの登山者は少ないようだ。

  道はあるものの狭く、急勾配の所は木の根につかまって這い登らねばならない 
  所もあり、山好きでなければこんな所を好んで登らないのだろう。

  小鍋分岐までは予定より早く到着。 朝霧が多く衣服が濡れるので
  カッパの上着だけ着る。
  北峰まではそれらしい岩峰が2度もあったが違い、予定よりも時間が掛かった。

  しかしここで初めて見る ヨウラクツツジや ツクシドウダン ・ 
  ツクシシャクナゲ
などに癒された。  
  大鍋の火口にいったん下り、急坂を登り返して三俣山の山頂に
  到着
した時は大分霧も深くなっていたがホッとした。

  360度の眺望は全く望めない。 山頂こちら崩落の為進入禁止標識
  有るものの西峰・北峰方面の指示標識は無い。 
  足跡はたくさん有るが霧が深く なってい周りの様子がつかめない。
  案内書を確認しながら広い道を選んで歩いてみた。 

  15~20分歩いた所で急に道が無くなり 深い溝と木の茂みになってしまった。
  しばらく冷静に来た道を戻ったり周りの道を探したがどうしても解らない。
  1時間以上同じ所で探して見たが全く解らず。不安になってきた。

  山荘へ電話をしてみたら運よくつながったが途中で電波状態が悪く、 062.gif
  プツンプツンと切れては何回も掛け直してみた。 
  やっと山荘の主人につながったが 自分のいる場所の説明では
  山荘の主人に見当がつかないらしく仕方なく元来た道を戻る事にした。

  ところが10分位しか歩いていないのに自分が通っていない
  大きなケルンの所へ出てしまった。  ここも標識は何も無い。???

  この大きな目印ならとまた掛かりにくい山荘の主人に電話をしたがきっと 
  「北千里」ではないかとの答え。        062.gif
  私には何処の事か解らず兎に角東に下ればすぐに山荘だからと言われ、
  コンパスで東は と後ろを見た途端になんと人影!! 

  
数人の人が急ぎ足で登ってきた。 朝から誰にも会っていず、
  ホッとして聞いたら これから西峰へ向かう との事。
  行きたかったが、また此処を通って下ると言うので、 
  通話中に切れた山荘の主人に電話をしながら待つ事にした。     062.gif

  しばらく待ちそのグループと一緒にスガモリ越に向かった。
  そのグループもまた同じ来た道を下りるところを間違え、すぐ気付き
  スガモリ越に着いた時は本当にホッとした。  結局ロスタイム約2時間

  スガモリ越から法華院温泉山荘まで約 1 時間なので友人達の到着時間も
  気になったが、一緒に下りてくれた人達と避難小屋跡でゆっくり休んでから
  その方達と別れ、山荘へ向かった。

  ガスは更に深くなったが此処に来てやっと黄色いペンキの丸印や矢印の
  表示が頻繁
になった。 そして「北千里」の標識もちゃんとあった。
  山荘の主人は此処の事を言っていたのだ。 

  山荘には13時に到着 ヤレヤレ!! 
  友人達はまだ到着していなかったので、何はともあれ温泉に入り
  冷えた体を暖めて
待つことにした。

  友人達はなんとスガモリ越経由ではなく、
  昨日の私と同じ雨ヶ池越経由で14時15分にやっと到着した。
  時間も遅く天気も明日は良さそうなので大船山は明日にする事になった。







061.gif
  スライドショーの表示タイムは
  下部の マイナス(-)をクリックして頂くと一秒まで短縮出来、
  ゆっくりご覧になる時はプラス(+)をクリックして頂くようになります。
  また 画像を停止する場合は下部 ←△→ の△印をクリックすると
  一時停止します。

by nomi333 | 2008-07-06 12:50

九州の山 豊後中村~法華院温泉山荘まで  5/29撮影

5/29(木)~6/1(日) 九州の山を登ってきた。
            遅くなりましたが 4 回 に分けてアップ致しますのでご覧下さい。
                         ホッケインオンセンサンソウ
5/29(木) 豊後中村駅 ~ 法華院温泉山荘    までの
  画像 6  を  こちら からご覧ください。

5/29(木)
羽田7:30発~福岡空港9:15着 地下鉄空港線で博多へ 
博多~(JR鹿児島本線)~久留米~(JR久大本線)~豊後中村駅 13:16着
豊後中村駅からは一日数本しかない日田バスで くじゆう登山口(長者原)へ 14:28着
ビジターセンターで翌日の行動の為の確認などをし15:00少し前に歩き始める。

長者原(チョウジャバル)からこの時間に奥へ行く人は全くおらずしばらくしてから
平治岳(ヒイジダケ)から戻って来る人々に会い情報収集。
  「少し前に2人連れが行きましたよ」 の言葉に少しほっとする。
雨ヶ池越には予定時間より早く着いたので写真を撮ったりし休憩。  
                                   ≪パノラマ試写≫

雨ヶ池越から法華院温泉山荘までは長く感じた。
大船林道から坊ガツルへの道に出ると広々と明るく開けてい、法華院温泉山荘はまだ見えないが やっともうすぐかなと思えた。         ≪パノラマ試写≫

法華院温泉山荘にはやはり予定より30分もオーバーし17:50着
宿泊客は少なくこの日は一人で10畳位の広い部屋に泊る事になった。



  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  * 
        九州の山を登る事になった訳 など


以前百名山・久住山を登る際に移動中のバス車窓から見た山でもあり、
NHK朝ドラ 『風のハルカ』 (H17年)のタイトルバックになった 「由布岳」
あの由布岳にいつか どうせなら ミヤマキリシマ がたくさん咲く頃 大船山・
平治岳
にも  一緒に登りたいわね~! と別の山行の際に
友人達と話していた。今回やっと豊橋の友人が計画し実現した。

豊橋の友人は夜行バスを利用し、佐賀県・千葉県の友人(福岡でお墓参り) 達と
久大本線・豊後中村駅(由布院駅 の2駅博多寄り)に 5/30 (金) am9:30
集合
と言う事になった。                     059.gif

東京から夜行バスで行く気にはなれず、調べてみると
新幹線(のぞみ)でも約9時間、飛行機で行っても約6時間かかる。
東京から行く場合は前日出発し周辺で一泊する以外なかった。

いろいろ考えた末、集合場所から奥に入った宿泊場所・
法華院温泉山荘に一人で先に行き待っている事にしたのでした。


  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  * 

  061.gif
  スライドショーの表示タイムは
  下部の マイナス(-)をクリックして頂くと一秒まで短縮出来、
  ゆっくりご覧になる時はプラス(+)をクリックして頂くようになります。
  また 画像を停止する場合は下部 ←△→ の△印をクリックすると
  一時停止します。

by nomi333 | 2008-07-01 20:11