人気ブログランキング |

<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

高川山                      11/23(日)撮影


     11/23(日) 高川山 (975.9m) を登って来た。

    画像 9 を  こちら からご覧ください。

  雪の帽子をかぶった富士山を見たく 急遽千葉の友人 T さんを誘って行く事にした。  
  「いつも急になんだから」 と言われてしまったが---。 

  JR 初狩駅から 新ルート~男坂 を登り山頂11時過ぎの予定のところ
  10時40分には到着。 コースタイムよりずっと早く 1時間15分で着いてしまった。 
  もうお弁当を開いている人々がいた。 

  手軽に登れ 富士山が見え 三連休で天気も良くと 皆考える事は同じ。 
  席を確保すると後から登って来る人々で山頂はすぐ一杯になってしまった。 

  富士山はバッチリ!!途中の高尾あたりで見えた富士山はもっと白かったのだが
  ここでは白さ不足 ちょっと期待はずれ。 
  しかし風も無く穏やかな天気で360度の大展望!!      058.gif
  
ゆっくり楽しみ 気付いたら1時間20分も休んでいた。

  昨年2月 に登った時は9時25分には到着していたので むすび山経由大月まで 
   ↑
                                  カセイ   
  歩いたのだが  今回は シラノサワ・古宿コース をとり 禾生に出る事にした。                        
  最初は岩場の急降下をロープで下る難所。 その後は落ち葉の急降下の道を
  慎重に下り 古宿集落へ出 禾生(カセイ )には1時間20分で到着。

  帰宅時間は3時半と早く 手軽に楽しめとても良い山だった。    059.gif   024.gif




 061.gif
  スライドショーの表示タイムは
  下部の マイナス(-)をクリックして頂くと一秒まで短縮出来、
  ゆっくりご覧になる時はプラス(+)をクリックして頂くようになります。
  また 画像を停止する場合は下部 ←△→ の△印をクリックすると
  一時停止します。

by nomi333 | 2008-11-25 11:13

岡本太郎「明日の神話」他:アンドウリュー・ワイエス展11/20・21撮影

      画像 10 を  こちら からご覧ください。 


f0069696_17551752.jpg   11/20(木)・21(金)

  澁谷に出掛けるついでに つつどりさんに頂いた
  コメントで行く気になった 
 「アンドリュー・ワイエス展」と同じBunkamura
  B1 での TARO作品を「見る」「触る」「写す」 
  と 岡本太郎の話題の巨大壁画明日の神話」↑火打ち石 1975年 テンペラ、パネル    を 見て来た。
    アンドリュー・ワイエス
    Bunkamura 12/23 まで


   まず 「明日の神話」 は井の頭線を下り JR方面への2F通路にある。
  人々が写真を撮っていた。  2F~3Fをぐるっと廻って見た。  翌日11/21
  澁谷を通ったので再度写真を撮ったがやはり朝の明るい時間帯が良い

  原爆・死の灰 をテーマにしたとは思えない 明るさと力強さを感じさせる画だった。
  そして良くここまで修復したものだと更に岡本太郎の遺志に従ってこんなに人通りの
  多い場所でのケース無しの展示方には感心させられた。
  ここは良く通る所なのでこれからも時々見る事にしようと思った。


  Bunkamura B1での TARO作品を 「見る」 「触る」 「写す」 は
  とてもユーモラスでほっとする雰囲気を持っていた。  ここは 11/24 終了だ。


  「アンドリュー・ワイエス展」 は水彩画家として出発したと言うので興味深く見た。
  今回私が見たのは 一言で言うととても地味な作風。 
  今までのイメージと異なり これが水彩画かと思わされる。
  油絵のようにも見え、力強い画のようなのがあるかと思うと 
  着色されているのに 水墨画・墨絵のようでもある。 
  鉛筆だけでも濃淡で描ききっていて デッサンが とても素晴らしいのだと 
  そしてドライブラッシュ・テンペラなどいろいろな技法があるものだと思った。 
     
     勉強になりました。



   061.gif
  スライドショーの表示タイムは
  下部の マイナス(-)をクリックして頂くと一秒まで短縮出来、
  ゆっくりご覧になる時はプラス(+)をクリックして頂くようになります。
  また 画像を停止する場合は下部 ←△→ の△印をクリックすると
  一時停止します。
   
by nomi333 | 2008-11-22 18:56

ボストン美術館浮世絵名品展           11 / 18


      ご覧頂き有難うございます。  なかなか更新出来ず 
     ご訪問頂いた方には大変ご迷惑をお掛けしました。
 



f0069696_1294733.jpg  昨日 11/18(火) 

  気になっているのに延ばし延ばしに   
  なっていた 両国・江戸東京博物
  館
での 特別展 
  「ボストン美術館浮世絵名品展」 
  を見て来た。 素晴らしかった。 
  行って見ると なんと前期高齢者
  以上は半額 !! お陰で
  イヤホンガイドを久し振りに借りた。 
  ナレーターは 里見浩太朗 
  (aoyagiさんも確か言っていたよう
  に思うが) 感情移入しない努力も
  むなしく今一だった。
  やはりNHKアナウサーのように
  淡々とした語りが良いと思った。
  これはチケットコピーの一部


歌川広重の 「東海道五十三次之内 油井 薩埵嶺」 は 昨年行った由比本陣公園
東海道広重美術館ではコピー展示でがっかりしたが 今回現物を見る事が出来た。
 
葛飾北斎 「冨嶽三十六景 山下白雨」 はとても鮮明で素晴らしく 「桔梗にとんぼ」 は珍しく 花と昆虫。  他にはも写楽・歌麿・・・と限がない。


ボストン美術館には5万点にのぼる浮世絵版画と多くの版本・肉筆画・下絵画稿類・版本などが収蔵されていその質の高さと数量は世界一の規模と評価されているそうだ。

退色もなく色彩が鮮やかで初版刷りも多々ありぼかしもしっかり刷れている。

ほとんど公開されていない膨大なコレクションの中から第一級の浮世絵の大多数が日本初公開のようだ。

 特別展は 11/30 まで 
   

by nomi333 | 2008-11-19 13:52